【ご紹介】平成の時代を一世風靡したブランド「BETTY’S BLUE」が限定復活!

時折いただくプレスリリースの中から琴線に触れたものを【ご紹介】
リリース内容と私的琴線ポイントをお届けします。


1985年に誕生し、平成の時代を一世風靡したブランド「BETTY’S BLUE」が限定復活! ~イチゴ柄ショッパーのアイテムと当時人気のプリント柄を使用したロンTを発売~

株式会社キャン(本社:岡山県岡山市、 代表取締役社長:阿部和則)は、 1985年にスタートしたブランド「BETTY’S BLUE(ベティーズブルー)」を限定復活し、 当時人気のプリント柄を使用した復刻ロンTを自社ECサイト「CAN ONLINE SHOP」で発売いたします。 また、 株式会社リットーミュージック(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:松本大輔)とコラボレーションし、 イチゴ柄のショッピングバッグをモチーフとしたアイテムを受注生産いたします。

BETTY’S BLUEは、 1985年にスタートし、 “キュート&ラブリー”をキーワードに、 平成ファッションブランドのひとつとして長く幅広い世代のお客様に愛されてきましたが、 2009年に惜しまれつつもブランドを休止いたしました。

昨年より、 新型コロナウイルスの影響で連日暗いニュースが続いています。 アパレル企業として「いまできることは何か?」を模索する中、 おうち時間だからこそ、 よりファッションを楽しんでもらいたいと、 「BETTY’S BLUE」に着目しました。 ポップなカラーリングにラブリーでレトロなデザイン、 スタイリングの面白さで人気のあったこのブランドで、 暗い日常に明るさを取り戻してほしいと願い、 復活を決めました。

限定復活第1弾は「エモいは正義!」をテーマに、 当時人気だったプリントアイテムを復刻。 レトロなモチーフや色合いが楽しめるロンT4種類を発売いたします。

さらに、 ブランド復活を記念して、 リットーミュージックとコラボレーションし、 ブランド全盛期のアイコン的存在だった『イチゴ柄ショッパー』をモチーフとしたTシャツとPVCバッグを受注生産にて販売いたします。 “エモさ”を感じるファン必見のおすすめアイテムです。

折しもSNSでは、 「#平成レトロ」「#90sファッション」、 などのハッシュタグが流行し、 若い世代を中心に「平成ファッション」への回帰がみられ時代を彩ってきたファッションやカルチャーに注目が集まっています。 また、 当時10代だった方々からも「エモい」という声が上がるなど盛り上がりをみせており、 BETTY’S BLUEの復活を願う声も広がっていました。

限定復活する「BETTY’S BLUE」のアイテムを通して、 キャンではお客様の日常に「ハッピー」や「エモい」をプラスする企画や商品作りに今後も取り組んでまいります。

ブランド概要

<コンセプト>
“キュート&ラブリー”がキーワード。
アメリカン古着の伝統的スピリットと最新のストリート・トレンドをミックス。
自由な着こなしがここにあります。

ブランドサイト: http://bettysblue.jp/
公式Twitter:@bettysblue_pr
公式Instagram:@bettysblue_official
公式Facebook:@bettysblue.official

復刻アイテム販売概要

発売日:2021年2月5日(金)12時
販売先:自社ECサイト「CAN ONLINE SHOP」(https://www.canshop.jp/cts/bettys/210129_tee.html
※ Melan Cleuge イオンレイクタウンKAZE店、 Melan Cleuge ららぽーと立川立飛店でも限定販売

リリース詳細はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000319.000036659.html


ここがポイント

非常に懐かしいブランドが復刻されるとのこと。
ノスタルジックに浸ってしまう一方で、売れるのか心配している自分がいます。
今たしかに、90年代がトレンドキーワードとしても浮上しています。
どちらかというと、バブルの雰囲気漂う“シティポップ感”の方が今の空気には合っているような気がするので、その後に来たこの“はっちゃけ感”は早すぎるかな?って思ったり、なかったり。

そういえば2019年にはスーパーラヴァーズも再始動していますが、ドネーション型ブランドということで、Tシャツを中心に注文が入るとボディにプリントして発送する形でカットソーを展開しているようです。
ま、個人的にその手のシステムを利用させてもらってグッズつくりをしていたこともあるので、小規模&グラフィックデザインが得意な方がいるなら、それでプリントTシャツは良いんじゃない?とも思ってしまいますが……
あ、ボディにこだわりたい人には難しか??

今回の「BETTY’S BLUE」に関しては“復刻”なので、これでどれくらい反響があるかを見てから手を広げるのかな?何て大人になった私は考えたのでした。

若い子たちは、「BETTY’S BLUE」がどう見えているかな??

この記事を書いた人

苫米地香織

苫米地香織

日本で一番アパレル販売員を取材しているファッションライター。
服を作り、写真を撮り、文章も書く、グラフィックデザイナー。