【執筆】ファッション販売20年5月号

ファッション販売5月号

5月号目次

●ディスプレーのプラスワンアイデア
・VMDが結果(売上)を変える!IP・PP・VP の効果的な使い方
・ハンギングのポイント
・トルソー(ボディ)とマネキンの展開法
・ビジュアルで集客アップ!魅力的な売場構成のつくり方のコツ
・思わず商品を手に取ってしまうテーブル什器の展開術
・商品がワンランクアップして見える畳み方

●接客研究
・好みの傾向をつかんで接客に活かす!お客様タイプ別分析&接客アプローチ
・購入につながる自然な声掛け
・お客様の潜在ニーズを見つける会話術
・クロージングは決め付けない
・未購入のお客様を再来店につなげるフォローの声掛け
・プラスの印象に変えるクレーム対応
・お客様が心惹かれる佇まい

●業種・業態ミックス
・日常と非日常がコラボ リアル店鋪の楽しさを発信して地域密着を深める
・ブランドの世界観を一つの店鋪で表現
・ショップ什器をリユースで販売 その先にあるもの
・衣食住+カルチャーを体験する宿泊施設
・シャンプーを買うように気軽に洋服も変えるヘアサロンを目指す


5月号では「業種業態ミックス特集」で「Koe Hotel」と川越でヘアサロンでアパレル販売にチャレンジしている「アダリル」に取材してきました。

一時期、「ライフスタイル提案型」なんてキーワードで、飲食とアパレル、生活雑貨とアパレルなどのコラボ業態の店舗が続々とオープンしました。現在も上手く継続できているところもあれば、言葉和悪いが「ただ店に置いていあるだけ」になっているのが否めない店もありますが…。
それだけ、業態や業種をミックスさせて店を運営するのは難しい。
というか、越えなくてはならないハードルがあるということが分かりました。

言うは易く行うは難し

ことわざとか故事って、本当にすごいわ。
昔の人も同じことを思っていたということだし、歴史から学ぶことは多いです。

そして、これまでファッション販売を編集、出版していた商業界の廃業のニュース、大変驚きました。
ファッション販売は昨年の夏頃には現在の編集会社(株式会社アールアイシー)に業務移管されておりますので、これからも変わらず発売される予定だそうです。

ただ、少しの期間、書店店頭では購入できないとのことなので、継続的にお求めになりたい方はコレを機に定期購読をお勧めいたします。

この記事を書いた人

べち(苫米地香織)

べち(苫米地香織)

服が作れて、グラフィックデザインができて、写真が撮れるファッションビジネスライター
日本で一番アパレル販売員を取材している人