【執筆】ファッション販売20年9月号

ファッション販売2020年9月号

9月号目次

●秋商戦を勝ち抜くための売場アイデア
・秋商戦を成功に導くポイント
・狙いを絞り売上アップにつながる秋のVMD

●巣ごもり需要で急伸長 ルームウエア&ワンマイルウエア
・ヒット商品も様変わりした2020年上期
・(ジェラート)ピケ ルームウエアのトップブランド
・(SkinAware)オーガニックコットンの可能性をクリエイティブで魅せる
・(YINDIGO AM)〝セカンドスキン〞の心地よさを追求した素材とデザイン

●販売員経験で私が得たもの

●存在感を増すD2C
・D2Cブランドは日本でもブレイクするか?
・ファンエンゲージメントを高めるECパッケージ
・本来の意味にさかのぼる服
・次世代へとつながる お客様本位のジュエリー

●新店・新SCダイジェスト
・Snow Peak LAND STATION HARAJUKU
・KASHIYAMAウィメンズNEWoMan横浜店

●新連載 人材マネジメントの処方箋

●フェアトレードとは何か

●売れっ子スタッフのカラーレッスン 第1回

●ショップとお客様とブランドがつながり、コミュニティへ


シリーズ特集「これからの小売店・販売員の在り方」ですが
今回は(株)IGAを取材してきました。
WWDでも「アクシーズファム」のショップスタッフさんを取材したのですが、その取材が3月の事。
その後、全店が休業となり、その間にやってきたことを五十嵐社長に伺いました。同社は私が取材してきた中でもトップクラスの風通しの良さを感じる企業で、休業となったあと、Zoomを使って店長たちとこれから何をしていこうと何度も話し合ったそうです。
店長やスタッフたちが「それなら私が!」と手を上げ、同社が前から準備していた「つながろうサイト」のコンテンツは凄い勢いで充実していったそうです。

私は書いてないのですが「販売員経験で私が得たもの」は、「もう販売職を辞めようかと思っている」「日々、自分が感染するのではとびくびくしつつ働いている」「この仕事は好きだけど家族が…」などなど、モヤモヤしながら仕事している販売員さんに読んでいただきたいなと思いました。

たまに「販売しかしてこなかったから何もできない…」という方に出会うのですが、私は販売員やってたらどんな仕事でもできると思います。仕事で重要なのはパソコンスキルが高いだけじゃないんですよ。
それ以上に接客で身につけたコミュニケーションスキルで、そんなこともカバーできます。パソコンは慣れです。
で、販売員を経験して、色んな場で活躍する方々が登場されているので、何かこれからの生き方、働き方の参考になるのではないかと思いました。

この記事を書いた人

苫米地香織

苫米地香織

服が作れて、グラフィックデザインができて、写真が撮れるファッションビジネスライター
日本で一番アパレル販売員を取材している人