ファッション販売2023年1月号

1月号目次

●売れる空気をつくる冬セール対策
・プレセールに来たお客様にセールでも足を運んでもらうには
・セール時のシフト組みはチーム単位で考える
・12月にため込んだうんざりをリフレッシュして1月に臨もう
・無駄のないセール売場へ 効率よく売るための事前準備
・セール商材消化を目的としたセール後半のアプローチ方法
・売上を最大化するために気を付けるべきVMDのポイント

●お客様との接点を生むデジタル活用
・デジタルと実店舗、それぞれの役割を見直す
・お客様にとって魅力的で自由度のある売場づくり
・理想をかなえる靴作りを目指し効率化
・課題解決をサポートし パーソナルな提案で期待に応える
・若手社員が担う〝スタッフ発信型?のユーチューブ施策
・スタイリングの基本となるアイテムを販売する

【連載・シリーズ・リポート】
・温もりが伝わるミニ新聞
・新店・新SCダイジェスト
・接客ジャーナル
・ASIAN FASHION TREND
・期待の日本ブランド名簿
・アパレルECニュース
・店長意識改革メソッド
・人材マネジメントの処方箋
・美容トレンド最前線!
・その接客あるある解決します!
・ワンスアラウンドのエリアマネージャー塾
・新・お客さまゼッタイ主義
・カンタン英語接客術!
・おんな社長が飛ぶ!
・NEWS BOX
・心と体の「きれいの秘訣」
・マネーリテラシー向上委員会
・マネキンの雑学
・FASHION EYE
・今月の視点
・編集後記


1月号の取材後記です。
表紙の写真やタイトルのフォントがリニューアルしまして、シックな感じになりましたね。ということで1月号ですが、いろいろとありましてそんなに書いてません(笑)。

デジタル活用特集では、事例取材で以前より気になっていたブランド「SOEJU」を運営するモデラート(株)に取材しました。コロナ前にD2Cブランドが乱立した時期がありましたが、その中でもじっくりとブランド運営を勧め、ベーシックではありながらほど良くおしゃれな雰囲気があり、バランス感覚が良いなと密かに思っていました。
そこで市原代表にブランド立ち上げの経緯からブランド運営について話を伺いました。

1月号から3月号まではいつもの連載はお休みして、このシーズンはメーカー各社がロープレや研修やらが盛りだくさんなので、接客ジャーナルを書いてます。
第1弾の1月号では、パル井上財団主催の学生さんによるロープレコンテストを取り上げました。実は審査員として参加したのですが、思っていた以上にレベルが高くビックリしました。
仕事柄、どうしても研修目線で見てしまう自分がいましたが、入賞した4人はそういった意味でも優秀で、すぐにでも通用するだろうなと。詳しくは本誌で解説してますのでご一読ください。

この記事を書いた人

苫米地香織

日本で一番アパレル販売員を取材しているファッションジャーナリスト
販売員として働きだすが1年で挫折し、アパレル企画会社に転職。独立後は衣装制作、グラフィックデザイナー、ライターとして活動し、現在はファッション業界誌を中心に執筆。これまで取材してきたアパレル販売員は2000人を超える。