栃木県育ちの自分にとって「ライトオン」は結構身近な存在だったりします。
とはいえ、最近いい話しがほとんどない…というか、そういう話題ばかりを拾ってしまうのもいけないのですが、ここでショップスタッフさんたちはどう考えているのか?とインタビューをお願いしました。

今回、登場してくれた秋葉さん。話を伺っていて、心が洗われるようでした。
この世代の方って、自分にとっては子供くらいの年齢だったりするんですよ。彼女にジーンズを買ったお父様はきっと私を数歳違い(苦笑)。きっとジーンズが似合う素敵な大人なんでしょうね。

ちなみにこのインタビューで「なぜ、コーディネート写真でジーンズを履いていない」と感想をいただきました。まぁ、仰ることは分かる。異論は認める。
でも今、ライトオンは変わろうと挑戦しているんだろうな、と思ってください。
若い世代のショップスタッフたちが、新しいライトオンのジーンズカジュアルを作っているんだという目でみましょうよ。

この記事を書いた人

苫米地香織

日本で一番アパレル販売員を取材しているファッションジャーナリスト
販売員として働きだすが1年で挫折し、アパレル企画会社に転職。独立後は衣装制作、グラフィックデザイナー、ライターとして活動し、現在はファッション業界誌を中心に執筆。これまで取材してきたアパレル販売員は2000人を超える。