実は保育士や幼稚園の先生から販売員へ転身された方に何度かお目にかかったことがあります。
共通していえるのは、子どもを相手にしていた経験からなのか、とても優しいというか理解力があるといった印象を持っています。
ある意味、何を着たらいいか分からないというお客様も子どもと共通するところがあるかもしれないですね。

で、半田店長は本当に努力の方で、一つひとつ目標を掲げ、達成していく話がとても面白かったです。
何せ、目標を掲げて行動するのが苦手なものですからね(笑)。同席した同社広報の方も「それで!それで!」と大変盛り上がりました。

あれから、少しだけ目標とまでいかないけど「今日はこの作業をする」と毎朝掲げて実行しています。
毎日完璧には遂行できていませんが…(*´艸`*)

この記事を書いた人

苫米地香織

日本で一番アパレル販売員を取材しているファッションジャーナリスト
販売員として働きだすが1年で挫折し、アパレル企画会社に転職。独立後は衣装制作、グラフィックデザイナー、ライターとして活動し、現在はファッション業界誌を中心に執筆。これまで取材してきたアパレル販売員は2000人を超える。