ポテンシャルはまだある

本当は昨日更新する予定でしたが、無理でした。
投稿できない日は前日に書くという訓練をした方が良いですね。
 
ということで、日曜日は音楽の同人イベント「M3」のお手伝いに行ってきました。
音楽版のコミックマーケットって感じのイベントです。
 
春に開催したM3に私がお手伝いしているユニット「D@NCE T3CH MANIA」が初参加しまして、今回で2回目。
始めて参加した時はこんなにすごいものとは考えておらず、気軽に行ってしまった感じでしたが舐めてましたね。
オープン前から入場者は集まっているし、コミケ同様カタログが入場券代わりになるのですが、それを見て、どこのブースが気になるかチェック&メモをしているんですね。
展示会場がちょっと離れた2ヶ所に分かれているので、効率良く回りたいのでしょうね。
企業ブースやミニライブもあって、時間に合わせていかないといけません。

音楽業界もCDが売れずそれ以外のことでマネタイズできていない感じですが、ここではCDが飛び交うように売れているんですよね。
何枚ものCDを手にもって歩く人やマイバックには明らかに何十枚ものCDとかが入っているんだろうね…って思いました。
CDを買うポテンシャルはまだまだあって、メジャーはそこに対して買ってもらえるようなものを出せていないということになるのでしょうね。
とは言え、そこにメジャーが入ってくるのも「何だかなぁ」と思ってしまう同人気質な私もいるわけですがw

cv-ucdyukaazkvt

また、一方でブースを出展している人たちのポテンシャルも高く。
少しでも立ち止まって試聴などしてもらえるようにブースを目立つように飾るんですよね。
これってお店作りやVMDにも通じるなと思いました。
それとただCDを置いて座っているよりも、何かしら動いている方がブースに近づきやすいですね。
これは動的待機と同じ考え方ですよね。
掃除したり、メールチェックしたり、SNSへの書き込みをしたり、誰かとお話しするのも良いでしょう。
とは言ってもお客さんがきたら声かけも忘れずに。
ここはお店と同じだなと感じました。

と、ブログに反省の辞を書きたくなるほど、今回は準備不足でしたね。
次回に向けてディスプレーをどうしたら良いのか、プレイスカードを作り直したり、ポスタースタンドも欲しいところよね…などとiPhoneのメモにつらつらと書いてます。

ちなみに友達の手伝いで書いたことはありますが、出店したことはなかったのでいい経験になったし、これは楽しいなと。
いつかハンドメイド系で何か出せるかしら??

この記事を書いた人

苫米地香織

苫米地香織

服が作れて、グラフィックデザインができて、写真が撮れるファッションビジネスライター
日本で一番アパレル販売員を取材している人