時折いただくプレスリリースの中から琴線に触れたものを【ご紹介】
リリース内容と私的琴線ポイントをお届けします。


奇想のモード 装うことへの狂気、 またはシュルレアリスム
MODE SURREAL A Crazy Love for Wearing
会期 2022年1月15日(土)~2022年4月10日(日)

20世紀最大の芸術運動であったシュルレアリスムは芸術の枠を超えて、 人々の意識の深層にまで影響を及ぼしました。 革新的な意匠を生み出し、 時代を先駆けようとする優れたクリエーターたちの表現は、 時にシュルレアリスムの理念と重なり合うものであり、 モードの世界にもシュルレアリスムに通底するような斬新なアイデアを垣間見ることができます。

ハリー・ゴードン《ポスター・ドレス》1968年頃、 京都服飾文化研究財団蔵、 畠山崇撮影

一方、 シュルレアリストたちと親交のあったエルザ・スキャパレッリは、 シュルレアリスムの潮流のなかで示された特異な感覚を、 モードの世界に積極的に取り込んでゆきました。 またシュルレアリストたちは、 帽子や靴、 手袋といったファッションアイテムを霊感の源として、 絵画や写真、 オブジェといった作品のなかに生かしました。 衣裳へのトロンプ・ルイユ(だまし絵)的なイラストの導入や、 内側と外側の意識を反転させたようなデザイン等、 シュルレアリスムを契機として出現したユニークな発想力は、 まさに「奇想のモード」として今日にまで影響を与え続けています。

エルザ・スキャパレッリ《イヴニング・ケープ》1938年、 京都服飾文化研究財団蔵、 広川泰士撮影

本展ではさらに、 シュルレアリストの感性に通ずるような作品群にも注目し、 現代の私たちからみた<奇想>をテーマに、 16世紀の歴史的なファッションプレートからコンテンポラリーアートに至るまでを、 幅広く展覧します。 シュルレアリスムがモードに与えた影響をひとつの視座としながら、 その自由な創造力と発想によって、 モードの世界にセンセーションをもたらした美の表現に迫ろうとするものです。

串野真也《LUNG-TSHUP-TA》2009年、 作家蔵

展示構成

第1章.有機物への偏愛
出展作家:ヤン・ファーブル、 スティーヴン・ジョーンズ、 ジャン・デュパ 他

第2章.歪む身体――歴史にみる奇想のモード
歴史的ファッションプレート/コルセット、 纏足/着せ替え人形

第3章.髪(ヘアー)へと向かう、 狂気の愛
出展作家:モーニングジュエリー/マルタン・マルジェラ 他

第4章.エルザ・スキャパレッリ
エルザ・スキャパレッリによるドレスや香水瓶

第5章.鳥と帽子
エルザ・スキャパレッリによる帽子/『VOGUE』表紙 他

第6章.シュルレアリスムとモード
 <6-1:裁縫とシュルレアリスム>
 <6-2:分断化される身体>
 <6-3:物言わぬマネキンたち>
出展作家:サルヴァドール・ダリ/ルネ・マグリット/マン・レイ/ハリー・ゴードン 他

第7章.裏と表―発想は覆す
出展作家:マルセル・デュシャン/マルタン・マルジェラ/ドルチェ&ガッバーナ 他

第8章.和装の奇想―帯留・花魁の装い
錦絵:歌川国貞/豊原国周/渓斎英泉 他

第9章.ハイブリッドとモード――インスピレーションの奇想
出展作家:舘鼻則孝/永澤陽一/串野真也 他

開催概要  

展覧会名:奇想のモード 装うことへの狂気、 またはシュルレアリスム
会  期:2022年1月15日(土)~2022年4月10日(日)
会  場:東京都庭園美術館 本館+新館
開館時間:10:00–18:00 (入館は閉館の30分前まで)
休 館 日: 毎週月曜日 ※ただし3月21日は開館、 3月22日(火)は休館
入 館 料:一般=1,400(1,120)円/大学生(専修・各種専門学校含)=1,120 (890)円 /中・高校生=700(560)円/65歳以上=700(560)円
※( )内は20名以上の団体料金
本展は日時指定の予約制です。
主  催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館
協  力:株式会社 七彩、 株式会社 無限デザインスタジオ年間協賛 戸田建設株式会社、 ブルームバーグ・L.P.

会場情報

東京都庭園美術館|東京都港区白金台5–21–9
[目黒駅]JR 山手線東口/東急目黒線正面口より徒歩7 分
[白金台駅]都営三田線/東京メトロ南北線1 番出口より徒歩6 分
お問い合わせ:050-5541-8600(ハローダイヤル)
Website :www.teien-art-museum.ne.jp
Follow us on Facebook, Twitter, Instagram @teienartmuseum


ここがポイント

個人的に興味のある展覧会でしたので、こちらでご紹介しました。明日から開始です。

「服なんて…」と思う方が多いとは思うが、こういったアート的要素もあるのが“服の面白さ”だと思うのです。別に自己を表現する必要はないけれど、どこか自己を表現するために利用されていたり。
個人的に、パソコンは「紙と筆記用具」みたいなものだと考えていて、それを服に置き換えるとしたらな、服は「紙と絵の具」だと思うのです。体や下着は紙、上に着飾るのものは絵の具です。それで知らず知らずに自己を表しているに過ぎない。

この展覧会では最高級の絵の具を使ったアート作品ということになるのかな?なんて思ったりします。
行かれる方は事前予約がお勧めですよ。


当リリースの詳細について

この記事を書いた人

苫米地香織

日本で一番アパレル販売員を取材しているファッションジャーナリスト
販売員として働きだすが1年で挫折し、アパレル企画会社に転職。独立後は衣装制作、グラフィックデザイナー、ライターとして活動し、現在はファッション業界誌を中心に執筆。これまで取材してきたアパレル販売員は2000人を超える。