何を参考に服を買うのか問題

今回、「ファストレンド」がまとめたアンケート「洋服の購入に関するアンケート」該当記事(https://trend-research.jp/fastrend/102389)を拝見し、面白かったのでピックアップしてみました。
「ファストレンド」 運営元:株式会社NEXER(https://www.nexer.co.jp


洋服を購入するとき何を参考にする?

最近では雑誌のモデルやテレビ番組の芸能人などだけではなく、ユーチューバーやインスタグラマーなどさまざまな人が洋服の紹介をしています。
多くの選択肢がある中で、洋服を購入する際に何かを参考にすることはあるのでしょうか。
また、何を参考にして購入している人が多いのでしょうか。
今回は、洋服の購入について、男女1600名の方々にアンケートを実施しました。

「洋服の購入に関するアンケート」調査概要
調査期間:2021年8月28日~2021年8月31日
質問内容:
質問1:洋服を購入する際にテレビや雑誌、YouTubeやSNSなどを参考にすることはありますか?
質問2:洋服を購入する際に参考にしているものを選んでください。[複数回答可]
質問3:その中でもっとも参考にすることが多いのは何か教えてください。
質問4:その洋服を実際に購入したことがありますか?
質問5:実際に購入して着用した際の満足度について教えてください。
質問6:その回答の理由を教えてください。
集計対象人数:1600人(男女、各800人)
集計対象:男女

41%の女性が、洋服を購入する際に「参考にしていることがある」

まずは、洋服を購入する際にテレビや雑誌、YouTubeやSNSなどを参考にすることはあるかについて聞きました。

女性の41%、男性の25.4%の人が、洋服を購入する際にテレビや雑誌、YouTubeやSNSなどを「参考にしている」という結果になりました。
洋服を購入する際に、何を参考にしているかについても聞いてみました。

「ファッション雑誌」と回答した人が、48.8%ともっとも多い結果になりました。
「その他」の回答では、「夏コーデ」などで検索して出てきた写真を参考にする方や、海外のドラマや映画を参考にしているという方もいました。

次に、その中でもっとも参考にすることが多いのは何か具体的に聞きました。

もっとも参考にしていること

  • インスタでユニクロやしまむらのアカウントをフォローしていつも見ている。(30代・女性)
  • ヒルナンデスの3色ショッピングのコーナー(30代・女性)
  • TVドラマの同年齢の女優さん(50代・女性)
  • YouTuberの関根理沙さん(30代・女性)
  • Instagramのプチプラのあやさん(30代・女性)
  • インスタグラマーのma_anmiさん(20代・女性)
  • OGGIをよく参考にします。(30代・女性)
  • 雑誌のMEN’S NON-NO(40代・男性)

店舗が発信している情報や、ユーチューバー、インスタグラマーなどを参考にしている方が多いようです。

ちょっとココで一言
思ったより雑誌を参考している人が多いな…と思ったのですが、具体的なコメントを見ると雑誌を参考しているのは、40歳前後から上なのかもしれないのが読み取れる。
それ以下はやはり『SNS強し』という印象を受けました。最近のYouTubeもいろんな世代のファッションYouTuberがいて、面白いですよ。チャレンジャーだな…って感心しています。

69.2%の人が、何かを参考にして購入した洋服に「満足している」

続いて、参考にしたのと同じ洋服を、実際に購入したことがあるかについて聞きました。

「購入したことがある」と回答した人が、55.6%という結果になりました。
実際に購入したことがある方に、着用した際の満足度についても聞きました。

「満足することが多い」と回答した人は、69.2%という結果になりました。
それぞれの方に、その回答をした理由についても聞きました。

満足なことが多い理由

参考にしていること満足なことが多い理由(年代・性別)
テレビ番組お洒落な方が選ぶ洋服なので大体はやはり満足する
(20代・女性)
ファッション雑誌
InstagramなどのSNS
SNSであがっていた服をかえるとなんだかうれしくなって満足感がある(30代・女性)
ファッション雑誌
InstagramなどのSNS
モデル体型でなく普通の人が着用しているので自分が着た時のイメージがわかる(50代・女性)
ファッション雑誌
InstagramなどのSNS
自分と体格が近い方を参考にできているので失敗することが少なく洋服などの商品でも満足することが多い。(20代・女性)
テレビ番組
YouTubeなどの動画投稿サイト
映像で着てくれてるので、平おきよりイメージしやすいから(40代・女性)
ファッション雑誌
YouTubeなどの動画投稿サイト
自分の年代に合うアイテムやコーディネートが分かりやすく解説されているから(40代・女性)
YouTubeなどの動画投稿サイト      イメージを確立してから買うので満足度は高い(50代・男性)


満足できないことが多い理由

参考にしていること満足できないことが多い理由(年代・性別)
ファッション雑誌
YouTubeなどの動画投稿サイト         
コーディネートが難しい(40代・女性)
YouTubeなどの動画投稿サイト参考にした人と、骨格が違っていたのか、自分には似合わなかった。画面越しだと生地感がわからず、好みの違いとかで思ってたのと違ったりしたので。(40代・女性)
テレビ番組
YouTubeなどの動画投稿サイト
自分が着たら思ったより似合わないという場合はあります。(40代・男性)
ファッション雑誌モデルと体型が違いすぎるから似合わないことが多い
(30代・男性)


どちらともいえない理由

参考にしていることどちらともいえない理由(年代・性別)
InstagramなどのSNS写真と現実に少々ギャップがあるときがあるから
(40代・女性)
InstagramなどのSNS同じようなイメージで着られるときもあるし、思ったほどじゃない時もある。(20代・女性)
ファッション雑誌可愛いと思っても自分にはビミョーだったりしたことがある(30代・女性)
テレビ番組
InstagramなどのSNS
機能は気に入ったが価格が少し高かった(40代・男性)
ファッション雑誌
YouTubeなどの動画投稿サイト   
まあ気に入っているが、値段も高いし似合っているかは分からないから(40代・男性)
テレビ番組スタイルが違うから似合わないことが多いので、満足できたりできなかったり(50代・男性)


「満足なことが多い」と回答した人は、自分と年齢や体形が近い人を参考にすることによって、イメージ通りの買い物ができているようです。
また、SNSなどであがっていた洋服を実際に自分が着ているということに満足感を得ている方もいました。

一方「満足できないことが多い」や「どちらともいえない」と回答した人は、実際に自分が着てみると似合わなかったり、コーディネイトが難しかったりするようです。

個人的まとめ

率直な感想を言えば「そうだよね」しかないのだが、やはりファッション雑誌は「選ばれた人(モデル)だけが着ている」というイメージで、ブランド側、メディア側のこう着て欲しいが「モデルのような容姿ではない私には無理!」という乖離になっていると感じた。
その反面、SNSは同じアイテムのいろんな容姿の人が着用しているのを見られるという点で雑誌よりも参考になるのだろう。最後のグラフを見ると大方の人は参考にして購入したものに満足しており、下のコメントを見るとSNS発信を参考にしている人からの意見も多いようだ。

そして、改めて感じるのはやはりYouTubeなどの動画の存在感。
最近行ってきたライブコマースの取材でも、「平置きの服の画像だけではよく分からない」「着て動いているところが確認できたから購入した」という言葉がお客様からも上がってきているという。そういった言葉を聞くと、これからは商品画像に動画を一つでも入れておくといいのかもしれない。
いきなりYouTubeはハードルが高いと思うが、最近の各種SNSは動画も気軽にアップができるようになっているわけだから、やらないよりはやった方がマシなのかと感じる。となると、ますますSNS発信はブランド運営、店舗運営に欠かせないということになるだろう。

ちなみに40歳前後の人が雑誌から抜け出せないのは、雑誌からしか情報を得られていなかった名残だと感じている。まだ、雑誌になじみがあるから素直に受け入れることができるのであろう。

こういったアンケートを分析していると、改めて自分の発信方法を見直した方がいいかな?と思うところもある。動画がこれからは注目だといっても、個人的に動画発信をしているわけではない、あくまでも取材で知ったことを伝えているだけで、自分ではどう思うか正直分からない。
それにSNSは欲しいもの選びの参考にはなるが、店頭で実際に物を見てからでないと買えない古い人(笑)なので、買える決断力のある人が羨ましくもある。

余談だが、取材した販売員さんに「オシャレになりたい人は何を参考にしたらいい」と尋ねたところ「自分と背格好が似ていて、なりたい雰囲気の販売員を探すこと」とのことでした。SNS発展以前は難しかったけど、SNSは発達した今なら、そんな人が探せるかもしれないですね。

この記事を書いた人

苫米地香織

日本で一番アパレル販売員を取材しているファッションライター。
服を作り、写真を撮り、文章も書く、グラフィックデザイナー。