【執筆】月刊「商業界」16年4月号

shogyokai20160402
月刊「商業界」16年4月号

●総力特集 商いにおける在り方、やり方、動き方
あらためて問う「商売する理由」

【インタビュー】エイトブランディングデザイン代表 西澤明洋が語る
 「強みを早く、遠くまで伝えるブランディングデザインの可能性」

●実践特集 店舗最前線の販売力強化と人材育成
【エース店長に学ぶ】
・ニコルクラブフォーメン 齋藤洋紀:エクスマ提唱者を驚かせた“サイトウくんの法則”公開

久しぶりに商業界で書かせていただきました。
西澤さんのお話しはとても面白く、共感することも多く(これでも一応デザイナ業もやっているので・笑)
それと同時に「あぁこういうことやりたかったなぁ…」と思う自分がいました。
これからの自分のやっていきたい方向みたいなのを考える取材になりました。
それを受けて、色々と書きたいことがあるのでそれは後日…と言うことで。

そして、もう1本はエクスマのセミナーなどで話題の「サイトウくん」です。
今までにもファッション販売とかでDMの取材させていただいたことはありましたが、彼のつくるDMは凄いです。
あんなに“個”を出したDMをよく会社がOKしていることに対しても、スゴイと思います。
多くのアパレルの販売員さんは、メーカーの中の人という立場のためか“個”を出したDMやブログを書くのは憚られる感じでして、(要はバカッターみたいな事が多くてメーカーも監視してたりってのが理由でしょうけど…)
ブログを書くにしたって、「プレスやエリアマネージャーとかに確認してからアップします」なんて話もたまに聞くので…。

これだけ、みんながスマホ持つようになったわけだから、DMだけでなく、ブログ、SNSでの情報発信は重要ですよ。
正しく使えば、スゴイ威力を発揮する可能性があるツールだから、今からでも遅くないので、販売員さんに向けた情報発信ツールの使い方を教育をして行くべきかと思うのですよ。
これのお話しって、以前にもブログで書いたことあるはずだけど、改めて、書いてみようかなと思います。

この記事を書いた人

苫米地香織

苫米地香織

服が作れて、グラフィックデザインができて、写真が撮れるファッションビジネスライター
日本で一番アパレル販売員を取材している人