楽しませればくだらなくても良いんじゃない?

本当は昨日、更新予定でしたが、とあるイベントに行ってきたので書けませんでした。
その「とあるイベント」というのが…
「水曜どうでしょう藤村DがデイリーポータルZに説教をする会」

img_2731

私のTwitterをフォローしている方はうるさかったかもしれませんが、笑い過ぎて顔が痛くなるイベントでした。
要は「水曜どうでしょう」も「デイリーポータルZ」も大好きな大バカ者たちが集結しており、常時笑いっぱなし。

「デイリーポータルZ」は今もお笑いメディア(オモコロとかね)の先駆け的な存在。
14年も継続していて、人件費を入れたら14年間赤字で、黒字化できたことがない(笑)という驚愕の事実を披露。
藤村Dからは「お前ら、この世の中にノアの箱舟があってもガラパゴスの希少性の高い芋虫よりも下。船にも乗せてもらえないぞ」と表現されておりました。あながち間違いじゃないが(笑)
それに対し、DPZの林さん「その箱舟の後ろにストローで作った筏で追いかけてくんですね(笑)」と返す。

いやぁ、その発想力がDPZの源か…って笑いながらも感服しました。

このイベントはDPZで書いている16人のライターが一人一人藤村Dにダメ出しをいただくんですが、すべてにおいて「お前らは世の中の働くサラリーマンやOLの役に立っているのか?」と突っ込まれるわけですよ。
まぁ、役には立ってないよね(笑)
でもね、役には立ってないけど、心の癒しにはなっていますよ。少なくとも私やあの会場にいた人たちにとっては。

正直言うと、そんなにいつもいつもお役立ちなことって発信できないですよ。
それよりもくだらないことを見せて、そこから新たな発想へと繋げてもらいたいし、お前らも人を楽しませることを考えてみろと言いたい。
キュレーションサイト問題じゃないけど、まとめに頼り過ぎて、考えない人が多すぎるんですよ。

改めて、くだらなくったっていい、楽しませること書きたいなと感じたイベントでした。
私、niftyユーザーなですけどDPZを継続させるためには、これからもniftyユーザーで居続けないとなw
あとは更新時間とか書く時間をどこに取るか考えないと…

この記事を書いた人

苫米地香織

苫米地香織

服が作れて、グラフィックデザインができて、写真が撮れるファッションビジネスライター
日本で一番アパレル販売員を取材している人